転職を決意する労働環境

ナース転職のきっかけは一つだけではなく、様々な理由を抱えています。例えば「人間関係の悪化」「給料が安い」「シフトが希望通りでない」「夜勤を組まれる」「休日が取れない」「キャリアアップしたい」「雇用形態を変えたい」「やりがいを感じられない」などがあります。特に多いのが、人間関係の悪化です。ナースは、同僚のナース、医師、患者、患者の家族など接する人間の数が多いので、必然的にトラブルを抱えることも少なくはありません。やはり仕事を続けていく上で人間関係というのは重要になってきますから、こうなると職場を変えるしかなくなります。そこから分かるのは、自分でどうにも解決できない問題を抱えた時に、ナースは転職考えるようになるということでしょう。こうしてみてみると、ナース転職のきっかけといっても他の業種の人が転職を考える理由とあまり変わりありません。でも、シフトが希望通りでないことや、希望していないのに夜勤を組まれる点はナースならではの不満点であるといえます。また、女性の職場という事もあって、結婚や妊娠を期に一時リタイヤする人も多いのが特徴です。その反面で専門職であることから職場に復帰しやすいので、自然と転職する率が高まってしまいます。ナースは転職率が高いといわれていますが、こういった諸々の理由があるので、一概に「ナースの仕事が・・・」というようなことが転職率の高さには繋がりません。ナース転職のきっかけは人によりますが、これから転職を考えるのなら、今までの不満を解消できる職場を見つけることが大切です。

Comments are closed.