ナース転職の特徴

いまだに就職難が続く日本の社会情勢の中で、ナースへの転職希望者は多くいます。医療業界も医師を始めナースの人手不足が問題となっており、本来ならばナースの転職者が増えてもおかしくはありません。但し、ナース転職の特徴として、その妨げになっているのが看護師になる為の受験資格です。ナース転職の特徴として、ナースになる為には、看護師か准看護師の資格が必要です。

 

しかし、その資格を得る為の受験資格に、一定期間の専門校での教育が必要となっています。看護師や准看護師の資格合格率は、毎年90%以上と決して難しいものではありませんが、学生と違い一回社会人となった転職希望者の多くは生活を抱えており、学生のように専門校に通うことが難しいのが現実です。この専門校は、基本的に夜間や通信教育などの制度はありません。ですから、通常に働きながら看護師や准看護師の資格を目指すことはとても難しいのです。

 

また、看護助手というナースの手助けをする仕事もありますが、ナース転職の特徴として、これらの仕事とナースはまったくの別物で、いくら看護助手として経験を長く積んでも、受験資格にはまったく考慮されないのが現実です。その為、ナースへと転職する道は、准看護師の資格をえる為の補助金制度がある病院で、一定期間看護助手として働き、そこで准看護師の資格を得る為の専門校への教育の援助を受けます。また晴れて、准看護師となった後も、今度は御礼返しとして一定期間の勤務を強される為、かなり長い期間の拘束を受けることになります。

 

 

Comments are closed.